プラン内容

補助金・助成金申請書作成支援

 国が行う補助金・助成金はもちろん、福井県及び福井の各市町村が行う補助金・助成金まで幅広く受注のお手伝いを行います。補助金受給に関する申請書作成から、貴社へ補助金が入金されるまでをトータルにご支援させていただきます。

 新商品・新サービスの開発、設備の購入・入替え等、大きな資金の支出が伴う予定があれば、ご相談ください。

 お使いになれる補助金・助成金があるかもしれません。

中期経営計画作成支援

 【経営者が会社の「将来展望」を示す】

 戦国時代、将軍が船上から離れた陣営で、戦局を見極め戦略・戦術を立てたように、経営者が日常業務から離れ電話も来客もない環境で、将来を見据え経営計画を作る財務支援プランです。

 ですので、中期経営計画作成支援では、

① 先んずは己を知ること

② 考え方・将来ビジョンをまとめること

③ 計画に前向きな数値を落とし込むこと

を短期間で検討し、社長の思いが込められ、且つ会社が存続発展できる戦略戦術が具体化された経営計画書を立案していただきます。

短期経営計画作成支援

【経営者が会社の「将来展望」を示す】

 中期経営計画を達成するために、この1年、課題にどう対処し、同経営するのか。中期経営計画を達成するための必達目標になります。

 ですので、中期計画→短期計画の順番で作成をお薦めしますが、中期計画に先立ち金融機関が求める「経営改善計画」を作成するときなどの経営計画立案の手順として、まず「短期計画」を立案し、そののち「中期計画」を立案する方法もあります。

 短期計画では、現状の課題を解決するため、必達目標とその方法論を具体化します。

① 課題の深掘りと戦術の確定

② 行動計画の具体化(部署&個人)

③ 月次数値計画(どのような決算を迎えるのか)

金融機関用資料作成支援

 決算確定後に経営の安定化と向上を目的に、企業に潜む経営リスクを顕在化させて検証します。経営リスクを改善する糸口を見出すための決算分析を行い、経営者の判断により経営改善計画、信用保証サポート等金融機関への計画書作成支援を行います。

 近年、金融機関は企業の成り立ちや企業風土といった事業性を重視するようになってきています。しかしながら、それは企業経営者が自社の決算書に基づいた数字面での状況分析ができている上での話です。

 弊社では、貸借対照表・損益計算書(数字)を構造図として理解していただき、キャッシュフロー計算書はグラフとして見える化し、ご説明させていただいております。数字が苦手だとおっしゃる経営者にも大変分かり易いと言っていただいておりますので、是非ご活用ください。

決算分析

【経営者が「経営を読む目を養う」】

 決算分析(現状把握)では、財務諸表を経営に必要と思われる最小限の項目に絞って分解評価を行います。過去の業績推移から今に至るまでを数字から整理し、課題を確認します。

 数字的な定量面の経営分析はもちろんのこと、会社を取り巻く風土的な定性面を加味し、現状状態で経営が続いた場合に未来に起こりうるであろう課題を確認いたします。

 私たちエフ・マネジメントは、企業経営者の目標達成・夢の実現に向かって共に伴走いたします。

お気軽にご相談ください

お気軽にご相談ください。
また当社が開催いたしますセミナーへのご参加も、こちらから受付いたしますのでご活用ください。

ロゴ
メールでのお問合せはこちら
Mail Magazine